サードシュガーの「シュークリーム」は今までとは違う形・味の美味しいシュークリームでした!

JR上野駅に行くことがあったので、エキュートの中をのぞいてみることにしました。そこで、先日テレビで紹介されていたサードシュガーのシュークリームが売られていました。
少し気になっていたので、購入してみることにしました。

サードシュガー シュークリーム

上野のエキュートに再度期間限定で2021年7月18日まで出店いるようです。

サードシュガーの「シュークリーム」はどんなスイーツ?

サードシュガー(THIRD SUGAR)は、ゼニスインターナショナル 株式会社が運営しているお店のようです。
東京の人形町で行列ができる洋菓子店「シュークリー」のシェフがシュークリームをプロデュースしているそうです。
2020年11月6日にスカイツリーのソラマチに常設の1号店を出店したようです。
その他、毎月のように期間限定の催事出店しているようです。
以前、テレビの「嵐にしやがれ」で紹介されたということで、人気に拍車がかかったようです。

シュークリームのサイズは、横14.5CM、縦4CM、高さ3.5CM程度でした。普通のシュークリームとは異なり横長で棒状のシュークリームです。
本来シュークリームのシューはキャベツのとなのでシュークリームなのかなぁ?と思いましたが、まぁ小さいことなので、気にしないことにしました。
薄い茶色の紙袋の中に入れてくれました。特につぶれないような考慮はされていないので、持ち運びには気を付ける必要があります。
袋には白色でお店の名前の「THIRD SUGAR」が白文字で書かれています。その下に3つキューブの絵が描かれています。
薄い茶色に白文字なので、少し読みにくいです。

シュークリームは茶色です。チュイルとハード型シュー生地を合わせて作られています。チュイルはフランスの焼き菓子で、瓦という意味です。
上部にはチュイルの砕けたものと、黒ゴマがまぶされています。
クリームは薄いクリーム色です。
袋を少し開けると、香ばしいゴマの香りがほんのりと香ってきます。

お味・食感は?

食感は、普通のシュークリームとは異なります。ハード型のシュー生地ということで、結構固めで、厚みもあります。噛むと少しパラパラと落ちてきます。
上部のチュイルの砕けたものと、黒ゴマがかかっているので、ザクザクとした食感を楽しむことができます。
クリームは、水分が少なめです。そのため、シュー生地の中にぎっしりと詰まっていますが、重みはあまりないです。
シュー生地に水分が移るといったことはなく、ザクザクを実現していると思います。
クリームは、エアインチョコレートをさらに柔らかくしたような感じです。少し硬さがありますが、口の中では滑らかに溶けていきます。

味は、シュー生地は、生地が焼かれた香ばしい味と、黒ゴマの香ばしい味とが混ざり、香ばしさが来ます。
クリームは、マイルドな味です。水分がないため、軽い感じがするので、くどくない印象でした。
生地・ゴマの香ばしさとクリームの甘さが口の中で交わって、複雑でとても美味しい味になっている印象でした。

お値段は?

1個274円(税抜き)でした。税込みで295円ですね。

サイズが大きなシュークリームなのと、お店で作られたシュークリームなので、普通の値段ではないかと思います。

賞味期限は?

購入当日中です。

やはり、店舗販売のシュークリームだと賞味期限が短いですね。すぐ食べるときに購入する必要があります。

個人的なお勧め度

5段階評価でいうと、3.9くらいです。

ゴマの風味がする、新しいシュークリームだと思いました。珍しさということもあり、お勧め度は高いと思います。

まとめ

サードシュガーの「シュークリーム」は、シュー生地とゴマの香ばしい味で、クリームがくどくない食べやすいシュークリームでした!
値段はシュークリームとしては普通でした。テレビで紹介されたことと、普通のシュークリームとは違う珍しいシュークリームなので、お勧め度の高いシュークリームでした。

購入できる場所はあまりないですが、催事出店することがあるので、もし見かけることがあるようでしたら、一度食べてみてはいかがでしょうか。