「ミルクレープ ダブルショコラ」(カサネオ)はくどくないチョコレートの味の美味しいスイーツでした!

今日もJR日暮里駅に行って、催事出店しているカサネオ(CASANEO)のミルクレープを見に行きました。
チョコレート系を食べたいなぁと思ったので、「ミルクレープ ダブルショコラ」を買うことにしました。
昨日食べたミルクレープの紹介は「ミルクレープ いちご」に書いています。

ミルクレープ ダブルショコラ

2021年10月10日まで上野エキュートに催事出店しています。

カサネオの「ミルクレープ ダブルショコラ」はどんなスイーツ?

カサネオはミルクレープの生みの親のお店のミルクレープです。
以前東京駅に催事出店しているのを見たことがあります。その時は、別のスイーツを買ったので、購入しなかったのですが、やっぱ元祖ミルクレープということになるので、気にはなっていたのでこの機会に購入したいと思いました。

ミルクレープのサイズは、等辺が10CM、底辺が6CM、高さ5CM程度でした。高さは「ミルクレープ いちご」より少し低いですね。
周りを透明のフィルムで覆っていますが、フィルを外しやすように「OPEN HERE」と文字が書かれており親切設計です。
底には金色の厚紙が敷かれています。

ダブルショコラのミルクレープということで、全体的に茶色です。
上部にはチョコレートのプレートが乗っており、そのチョコレートと、ミルクレープのチョコレートでダブルということのようです。
横から見ると、ミルクレープの特徴である何層にもなっているクレープ生地とクリームの層になっているのが良くわかります。
おそらく、こちらも20層あるのだと思います。
いちごのミルクレープは、イチゴのジュレが間に入っていましたが、こちらのクレープには特に間には何も入っていませんでした。
クレープ生地にもクリームにもチョコレートが使われているため、横から見ても茶色ですね。
上部のチョコレートは、クレープ生地よりも濃い茶色で、サイズは7CM程度で、ミルクレープより小さいです。

ミルクレープ ダブルショコラ

お味・食感は?

食感は、しっとりとした薄いクレープ生地の食感と、滑らかなクリームの食感を味わうことができます。
クレープ生地は薄いため、フォークを入れると簡単に切り取り食べることができます。
口に入れて噛んでみると、薄いクレープ生地が適度に切断されていく感じがあり、滑らかだけではない楽しい食感だと思います。
端っこのほう(外側)は、クリームが少ないため、クレープ生地のしっとり具合が中のほうとは違うため、フォークなどで切り取るのが少し難しかったです。(少し崩れることがありました。)
上に載っているチョコレートのプレートですが、パリっとはしておらず、水分を含んだチョコレートでした。

味は、思ったほど濃厚ではなく全体的にマイルドなチョコレートの味でした。
クリームがマイルドな感じになっているのではないかと思います。
上部に載っているチョコレートのプレートは、色が濃いので味も濃いのかと思いましたが、ミルクレープより少し濃いくらいの感じでした。
食べた後は、チョコレートの味が一番強く残りますが、やはりクリームの感じも残っており、思ったほどくどくない感じだと思いました。

お値段は?

1個540円(税込み)でした。

少し高めだなぁと思いました。やはりミルクレープの生みの親のお店ということで、少しプレミア価格なのではないかと思いました。

賞味期限は?

購入日中です。

クリームが賞味期限を短くする要因なのかと思います。当日に食べれるときに購入しないといけないですね。

個人的なお勧め度

5段階評価でいうと、3.8くらいです。

チョコレート味の美味しいミルクレープですが、少し値段が高めかなぁと思います。

まとめ

カサネオの「ミルクレープ ダブルショコラ」は、クレープ生地の食感と滑らかなクリームを感じらる、くどくなく美味しいチョコレート味のミルクレープでした!
値段は少し高めだと思いました。思ったほど濃厚なチョコレートではないと思いました。

美味しいのですが、少し高めかなぁと思いますので、ミルクレープでの生みの親のお店でプレミア感があると思う方は食べてみてはどうでしょうか。

気になる方は他のミルクレープ「ミルクレープ いちご」の記事も見てみてください。