めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス(湖池屋)は普通の人では口が少ししびれる刺激のあるポテトチップでした!

近くのスーパーに買い物に行った際、何かポテトチップスを買ってかえろうとおもい、見てみたところ湖池屋からめっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイスが販売されていました。
どのくらい辛いのか気になったので、購入してみたところ、しっかりとした辛さを感じられるポテトチップスでしたので、ご紹介します。

めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス

湖池屋の「めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス」はどんなポテトチップス?

湖池屋は、1967年に創業したスナック菓子が有名な会社です。
商品はスーパーやコンビニでも多く販売されており、テレビなどでCMも多く流れているので知っている人のほうが多いかと思います
カラムーチョは、1984年から販売されており、今年40周年だそうです。

今回のめっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイスは、通常のカラムーチョとの比較とで、辛さ5倍だそうです。
2024年6月17日から販売されています。

パッケージは、黒と赤がベースとなっており、見た感じからとても辛いイメージが伝わります。
真ん中に商品名が大きく書かれており、キャラクターも辛さにやられている絵になっています。

パッケージのサイズ感は、縦18.0CM程度、横21.5CM程度です。

容量は52gと、最近のポテトチップより少し少なめな印象です。。

開けてみると、綺麗な薄めのきつね色に揚げられたポテトチップと、パウダーが大量について、オレンジ色になっているポテトチップがありました。
パウダーがあまりついていないものは、普通のポテトチップとあまり見分けがつかないです。

厚切りで、ギザギザカットになっています。

めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス2

お味・食感は?

食感は、厚切りギリギリカットなので、しっかりとしたザクザクっとした食感を楽しめます。
小気味よく食べ進められますし、嚙み応えがあるので、食べごたえもあります。

味は、かなり辛いです。以前食べた「辛さ5倍! 鬼カラムーチョ 鬼うま肉味噌味!」も辛めでしたが、こちらは、それよりも辛い印象です。
食べ進めていると、口の中が少ししびれはじめ、唇も少ししびれてくる感じです。

辛いものが好きな方は、大丈夫だと思いますが、辛さに弱い方や、普通の辛さは大丈夫という人には刺激が強いかと思いました。
※ちなみに、私はココイチでは1辛くらいなので、普通レベルです。

めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス3

めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス4

カロリーは?

1袋290Kcalです。

容量が少し少なめということもあり、ポテトチップとしては少し低めです。

お値段は?

1袋129円(税抜き)でした。税込み139円くらいですね。

容量が少なめということもあり、丁度いいお値段だと思います。
スーパーで購入したので、店舗によって少し違うと思います。

賞味期限は?

7カ月後の月が記載されていました。

6月も半ば過ぎなので、実際には半年くらいです。普通のポテトチップと同じくらいですね。

個人的なお勧め度

5点満点でいうと、3.7くらいです。

辛さが強めなので、辛いものが好きな方にはお勧めです。
ただ、激辛が好きな方からすると物足りないかもですが。
ちょっと人を選ぶポテトチップ化と思います。

まとめ

湖池屋の「めっちゃカラムーチョ 燃えよ熱狂 ヒーヒースパイス」は、通常のカラムーチョの5倍の辛さで、普通の辛さ体制の人は口や唇が少ししびれるような刺激のあるポテトチップスでした。
価格は量が少し少なめということもお買い求めしやすく、カロリーも同様に少し少なめです。

結構辛めなポテトチップなので、辛さが苦手な人はやめておいたほうがよく、普通の人も美味しく食べるのであれば控えておいたほうがいいかと思います。
少し辛いものが好きな方は楽しめるポテトチップかと思います。気になる方はスーパーでも購入できるので、食べてみてはいかがでしょうか。

※以前、同じような辛さ5倍! 鬼カラムーチョ 鬼うま肉味噌味!を食べたことがあり紹介しているので、気になる方は見てみてください。