辛いピザポテト(カルビー)は辛さを楽しめるピザポテトでした!

近くのスーパーで買い物をしていた際、ポテトチップスのコーナーでカルビー辛いピザポテトが目に入りました。期間限定ということだったので購入したのでご紹介します。

辛いピザポテト(カルビー)

カルビーの「辛いピザポテト」はどんなドーナツ?

ピザポテトといえば、湖池屋が有名かと思いますが、カルビーも1992年から出しています。
辛いピザポテトのシリーズは2014年に一度出てきたようで、昨年(2020年)にはハバネロを使ったピザポテトが販売されたそうです。
今回もハバネロを使用したピザポテトに仕上がっています。

今回の辛いピザポテトは、2021年7月5日からコンビニで7月12日からコンビニ以外で販売が開始されており、2021年10月下旬に販売終了です。

袋のサイズは、縦21.5CM、横17.5CM程度です。
パッケージは真っ赤な背景がベースになっており、上部にハバネロが乗ったピザ、下にピザポテトの写真が描かれています。
商品名の「辛いピザポテト」の後ろには燃える炎が描かれており、辛いことがわかるようになっています。

容量は60gです。最近のポテトチップスは60gをきるものが多いので少しだけ(数グラムですが)多めですね。

ポテトチップス自体の見た目は、ギザギザカットのポテトチップスで、少しオレンジがかっている色で、普通のピザポテトと変わらないように見えます。

辛いピザポテト(カルビー)2

お味・食感は?

食感は、ギザギザカットで、少し厚めのカットなので、ザクザクとした食感を得られます。
少し固形のチーズがついており、その食感がほんの少しだけ感じられます。

味は、最初は普通のピザポテトの少し味が強めのような感じですが、1,2秒後に辛さを感じてきます。
辛さ自体はハバネロやトウガラシのような感じの辛さですが、思ったほどは辛くなかったです。少し飲み物があったほうがいいかなぁという感じです。口の中も辛さは残りますが、耐えられないような辛さでは全然ないです。
チーズの味もあるので、少し和らいでいるのかと思います。
ただ、辛さが苦手な方は、辛い!と感じると思うのでわざわざ食べる必要はないと思います。

辛いものが大好きという人には物足りないかと思いますが、普通の人が少し辛いなぁと思いながら食べられるピザポテトといった感じです。

辛いピザポテト(カルビー)3

カロリーは?

1袋あたり331Kcalです。

ポテトチップスとしては普通ですね。2袋は食べすぎです。

お値段は?

1袋118(税抜き)でした。税込みだと127円くらいですね。

ポテトチップスとしては少し高めですが、容量が少し多いのと、ピザポテトということで、チーズなど材料費が少しかかるからだと思います。
ピザポテトとしては普通の値段かと思います。
スーパーの値段でしたので、他のお店だと値段は少し違うと思いますし、コンビニだともっと高いかと思います。

賞味期限は?

購入後の半年後くらいの月でした。

普通のポテトチップスと同じくらいで長いですね。カルビーのポテトチップスの賞味期限は月単位の記載で、日付が書かれていないですね。

個人的なお勧め度

5段階評価でいうと、3.8くらいです。

ピザポテトが好きな方で、少し辛いのは大丈夫という方にはお勧めです。辛いものが苦手な人は気を付けたほうがいいかと思います。

まとめ

カルビーの「辛いピザポテト」は、ピザポテトの味がベースの少しハバネロの辛さを楽しめるポテトチップスでした。
値段は、ポテトチップスとしては普通で、カロリーもポテトチップスとしては普通です。

ピザポテトが好きな方で、少し辛いものが大丈夫な方には、ちょっと違った味を楽しめます。気になる方は一度購入してみてはいかがでしょうか。