「小町通りプリン」(Craft Pudding Plant)は、口に入れると滑らかな食感を楽しめるカスタードプリンでした!

今日は出勤していたのですが、会社の近く(シオサイト)で「汐留 地域物産巡り」をやっていたので、見行ってみました。今は北海道となっていて白い恋人など北海道のお土産などいろいろ売っているなぁと思い、何か購入しようと考えていました。 ですが、ふとその一角にCraft Pudding Plantというお店が出店しており「鎌倉絵巻小町通りプリン」が販売されていました。北海道なのになぜ鎌倉が、と思ったのですが、タイムセールの文字を見てプリンを買うことに決めました。。。 今回はお店の人曰く一番出ているという「小町通りプリン」を購入しました。

小町通りプリン

「Craft Pudding Plant」の「小町通りプリン」はどんなプリン?

「Craft Pudding Plant」は鎌倉と、軽井沢にお店を出店しているようです。 2017年に旧軽井沢で、窯出し作りたてのプリン専門店として出店したのが軽井沢のお店で、鎌倉のお店は2018年に出店したそうです。 「鎌倉絵巻小町通りプリン」となっているので、鎌倉のお店でつられているプリンでしょうか。

「小町通りプリン」はカスタードプリンだそうです。 他にも、酒粕プリン、カボチャプリン、抹茶、みかん、マンゴー&杏仁、コーヒー&杏仁などいろいろなプリン?が販売されています。

容器は全体的に透明なプラスチックで、上部に蓋がついています。中のプリンが良く見える作りです。容量は100gだそうです。 上部の蓋には、鶴岡八幡宮と思われる写真がプリントされており、商品名が記載されています。 ここら辺が絵巻なのでしょうか。

容器のサイズは直径7CM程度、高さ6CM程度です。

色は綺麗なクリーム色で、底にカラメルソースが少し入っています。

お味・食感は?

食感は、プリンの上部は少し固めで膜がついているような感じです。どうしても火が通るときに一番上は少し固めになるのでしょうね。 ただ、中に比べて少し固めというだけで、カチカチには程遠いです。 カラメルソースはかなりサラサラです。スプーンでそこまですくうと、プリンが沈んで、すくったところにカラメルソースがわき出てきました。 プリンはプッチンプリンとかと食ラベルと、少し固めです。ただ、その分、口の中に入れると滑らかにカスタードがとろけていく感触を味わうことができます!

味は、カスタードプリント言うことで、カスタードの味が良くしました。 少し苦みのあるカラメルソースと一緒に食べると、さらにカスタードの味が引き立ちます!

カロリーは?

1個182Kcalでした。

プリンとしては、普通のカロリー数だと思います。カスタードを使っていますが、あまり高めではないですね。

お値段は?

1個290円(税込み)でしたが、タイムセールでなんと約半額の200円でした。

コンビニのプリンとほぼ変わらない値段ですね。とてもお得な気がしました!ちなみに17時頃でした。

賞味期限は?

購入後5日後の日付が記載されていました。

火が通っているからでしょうか。思ったより長めでしたので、少し多めに買って、日を分けて食べてもいいですね!

個人的なお勧め度

5段階評価でいうと、3.9くらいです。

プリンとしては、美味しいと思います。 値段が安くなっているときだとかなり、お勧めだと思います!

まとめ

Craft Pudding Plantの「小町通りプリン」は、少し固めではありますが、口に入れると、とろける食感の美味しいカスタードプリンでした。 タイムセールの場合約半額の値段でお買い得、カロリーもプリンとしては普通なので、お勧めできるプリンでした!

多分2020年10月2日までシオサイト(新橋の日テレ前の地下道のあたり)で出店していると思います。私が行ったときは17時過ぎでタイムセールをしていましたので、行ってみてはいかがでしょうか。 運がよければ、お安くプリンが購入できるかもしれません。

― スポンサーリンク ー

― スポンサーリンク ー