菓匠百選の「生わらび餅 黒ほうじ茶」ほうじ茶のいい匂い、いいお味が特徴の美味しい商品でした!

シオサイトの日テレ前くらい(B2です)に期間限定で「菓匠百選」が出ています。 「生わらび餅 黒ほうじ茶」という、少し珍しいなぁと思ったわらび餅が並んでいたので、買ってみました。

※汐留での期間限定出店では、2019年6月末までのようです。

生わらび餅 黒ほうじ茶

「生わらび餅 黒ほうじ茶」はどんなお菓子?

大きさは、大体10cm四方の袋に入っています。 わらび餅自体も、結構ぎっしりと入っているので10cm位です。シート状のわらび餅で、1枚の厚さは2,3mmといったところでしょうか。

パッケージの中に、さらにビニールの袋に入っています。 パッケージ自体は正方形ですが、中で半分に切られているので、わらび餅自体は長方形です。 4枚のシート状のわらび餅を半分にしているので、容量としては8枚です。 それぞれ同じ形で、わらび餅としては珍しい形だなぁと思いました。

色は、黒ほうじ茶とあるだけに、かなり濃い茶色の粉がまぶされています。 きな粉も入っており、きな粉にほうじ茶を混ぜたような感じですが、色はほうじ茶が勝っている感じですね。

※ちなみに、フォークや、楊枝のようなものはなかったので、買ってすぐ食べるとか、会社の事績で食べる、というのは少し難しかったです。 家に帰って食べるのがベストのようです。

生産者は書かれていないので、販売者とおなじ「株式会社生産者直売のれん会NKS」が生産しているのだと思います。 「菓匠百選」を主催している会社が作っているのでしょうね。

f:id:nknot:20190615054033j:plain

お味・食感は?

まず、ビニールの袋から取り出すと、ほうじ茶のいい匂いが漂います!

食感は、生わらび餅としては、少ししっかりした感じです。 爪楊枝ですくって食べたのですが、特に形が崩れるといったこともなく食べられました。 ※とろとろ食感ではなく、硬いわけではありませんが、少し噛みごたえもあります。

味は、やはりほうじ茶の味がぐっときますね!ほうじ茶が好きな方はとてもあう商品だと思います! わらび餅自体の味もちゃんとします。 また、きな粉も感じることができ、わらび餅という感じはちゃんと残っています。

量もそれなりにあり、餅粉なども入っているおかげか、一人で食べると、結構食べごたえがありました。

お値段は?

1個240円(税込)でした。最初は、あまり大きくはないし、少し高めかなぁと思いましたが、シート状でぎっしりと入っており、食べごたえもあったので、食べてみると納得の価格でした。

カロリーは?

288.8Kcalです。思っていたより高めのカロリーでした。食べごたえがあったので、食べた後は確かにこれくらいカロリーがあるかなぁと思いました。 ※わらび粉以外にも、粉飴、餅粉などいろいろ入っているので少し高めなのだと思います。

個人的なお勧め度

5段階評価でいうと、3.1くらいです。

本わらび餅など、わらびを前面に出している商品に比べわらびの味自体は、少し弱いかなぁとは思いますが、ほうじ茶の匂いや、味がしっかり出ていて、お茶と一緒に食べるのがとてもお勧めな商品だと思います。 少し珍しいので、話題にもなりますね! 少し残念なのは、食べるためのフォークや、楊枝がなかったことですね。会社で食べようと思って買ったのですが、最終的にコンビニで爪楊枝を買いました。。コンビニに慣れているとついていて当然と思ってしまうところが微妙ですね。。

「生わらび餅 黒ほうじ茶」は、ほうじ茶のいい匂いと、お味を楽しめる、お勧めできる商品でした。 パッケージ自体はあまり大きくはありませんが、実際食べてみると結構量があるので、一人で食べるより、二人くらいで食べるほうがいいような気もします。 ※お腹が空いているときは、一人で食べてもいいかと思います。結構お腹にもたまる気がします。

簡易フォークや楊枝については、ゴミを増やすのもと思うので少し微妙ですが、販売時に必要な人には、配ってもらえると買いやすい人も増えるのかなぁと思いました。